会員のみなさま 会員のみなさま

AIシンポジウム

AI技術が切り拓く新たなリウマチ学に向けた教育シンポジウム

目的

 人工知能(Artificial Intelligence:AI)の医学への応用には大きな期待が集まっています。2019年の1月に開催されました第154回日本医学会シンポジウムではAIと医療の現状と課題をテーマに開催されましたが、全国から非常に多くの参加者を集め、すなわちこれは、医療関係者のきわめて高い関心を反映しています。AIをキーワード検索すると、これもきわめて多くの情報がヒットしますし、今後の医学の発展に必須とされるビッグデータの管理・運用や情報データベースの構築、また、多岐にわたり高度化した研究成果の統合などは、従来の手法のみで核心に至るのは難しいと感じることもしばしばです。

 このようにAIとIoT(Internet of Things)は時代のキーワードで、すでにAIは画像診断やがんゲノム研究などで目覚ましい成果をあげ、IoTはより多くの情報をより正確に連結させることが出来ます。リウマチ学の分野においても、扱う情報量は従来の臨床情報に加え、ゲノム、画像、バイオマーカーなど多岐にわたり、それらを一元的に管理するためのレジストリ、バイオインフォマティクスや統計学などを駆使することが必要な時代となっています。コンピュータ性能の劇的な向上を経て、AIやIoTは利用しやすい環境が出来つつあり、今後のリウマチ学のイノベーションにはこれらの基本的な理解が重要ですが、これまでAIやIoTを用いて解析されたリウマチ学に関する学会発表や論文は少ないのが現状です。

 このような状況を鑑みて、日本リウマチ学会(JCR)は平成30年度から人工知能(AI)医療推進委員会を設置し、今年のJCR総会・学術集会ではAI医療推進委員会企画シンポジウムを計画しました。そして今回、2018年度GSK医学教育事業助成を受け、より広くJCR学会員を含めた医療関係者への情報の発信を目的に、“AI技術が切り拓く新たなリウマチ学に向けた教育シンポジウム”を開催することにいたしました。講師の皆様はこの領域で、世界の最先端を走るトップランナーの先生方です。是非、ご参加いただき、”cutting edge“に触れていただければ幸いです。

日本リウマチ学会 人工知能医療推進委員会
委員長 川上 純

概要

主催
一般社団法人 日本リウマチ学会

実行委員会
人工知能医療推進委員会(委員長:川上 純)

開催日
東京大会 2021年6月13日(日)  WEB開催
大阪大会 2021年9月26日(日) グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)<予定>
福岡大会 2022年1月23日(日) アクロス福岡<予定>

プログラム(2021年度)

【教育シンポジウム1】
「遺伝統計学で迫る疾患病態解明とゲノム創薬(仮題)」
 座長:藤尾 圭志先生(東京大学大学院医学系研究科内科学専攻 アレルギー・リウマチ学 教授)
 演者:岡田 随象先生(大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学 教授)
  ※岡田先生への事前質問はこちらから受け付けております。

【教育シンポジウム2】
「腎生検病理画像の診断補助を例とした医療画像に対するDeep Learning技術の応用」
 座長:桑名 正隆先生(日本医科大学 アレルギー膠原病内科学 教授)
 演者:河添 悦昌先生(東京大学大学院医学研究科 医療AI開発学講座 特任准教授)
  ※河添先生への事前質問はこちらから受け付けております。

【教育シンポジウム3】
1.「脊椎外科とデジタルトランスフォーメーション(DX)(仮題)」
 座長:冨田 哲也先生(大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学講座 准教授)
 演者:成田 渉先生(亀岡市立病院脊椎センター センター長)
  ※成田先生への事前質問はこちらから受け付けております。
2.「機械学習に基づくIgG4関連疾患の診断支援の試み」
 座長:池田 啓先生(千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科 講師)
 演者:山本 元久先生(東京大学医科学研究所附属病院 アレルギー免疫科 准教授)
  ※山本先生への事前質問はこちらから受け付けております。

    

人工知能医療推進委員会

委員長
川上 純(長崎大学)

委員
猪狩 勝則(東京女子医科大学)
池田 啓(千葉大学)
大村 浩一郎(神戸市立医療センター中央市民病院)
金子 祐子(慶応義塾大学)
桑名 正隆(日本医科大学)
田村 直人(順天堂大学)
冨田 哲也(大阪大学)
藤尾 圭志(東京大学) 

 2020年度の情報はこちら
 2019年度の情報はこちら

上に戻る