学術集会・教育研修会 学術集会・教育研修会

中央教育研修会

JCR2022アニュアルコースレクチャー

更新日:2022年4月5日
開催形態
ハイブリッド開催(会場およびWEB)

【会場開催】
4月24日(日) 8:30~16:20
パシフィコ横浜 ノース (神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

【WEB開催】
ライブ配信およびオンデマンド配信
<ライブ配信>会場での講演がライブで視聴できます。
<オンデマンド配信> 5月13日(金)正午~5月31日(火)正午
 ※視聴サイトから個々のパソコン・タブレット等を通して視聴いただきます。
 ※ACL4-LSのWEB開催はライブ配信のみで、オンデマンドでは視聴できません。

受講料
5,000円
参加登録
学術集会の参加登録サイトから参加登録を行ってください。
2022年2月15日(火)正午~5月31日(火)正午
参加登録サイト

 ※参加登録確定後「参加登録完了のご連絡」のメールでWEB参加用IDをお送りします。
 ※参加登録サイトで「会場+WEBでの参加」または「WEBでの参加」の参加方法を
  ご選択ください。
 ※ランチョン整理券は不要です。「会場+WEBでの参加」にチェックした数を参考に
  昼食を用意いたします。
 ※非会員の方も申し込み可能です。
 ※領収書は会期中に参加登録サイトからダウンロードしてください。

研修単位
1. 日本リウマチ学会専門医 7単位
2. 医療安全・医療事故・医療法制・医療倫理に関する講演出席 1単位
 (該当講演はACL1です)
 ※単位取得方法はこちらをご覧ください。

関連学会
日本整形外科学会研修単位 (1単位/1演題)
取得可能単位数:7単位(会場参加を含めた場合)
※WEBで取得できる単位は4単位までです。
※単位取得方法はこちらをご覧ください。

プログラム
 
ACL1:8:30-9:30
Society 5.0の感染対策・抗菌薬適正使用・ワクチン予防
座長:楢崎 雅司(大阪大学大学院医学系研究科 先端免疫臨床応用学 特任教授)
演者:矢野 晴美(国際医療福祉大学医学部 医学教育統括センター・感染症学 教授)
※医療安全等単位
ACL2:9:35-10:35
リウマチ膠原病診療に重要な免疫の知識
座長:中島 裕史(千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科 教授)
演者:新納 宏昭(九州大学大学院医学研究院 医学教育学講座 教授)
ACL3:10:40-11:40
関節リウマチの早期診断と鑑別
座長:桃原 茂樹(医療法人社団 博恵会 理事長/慶應義塾大学 先進運動器疾患治療学 特任教授)
演者:橋本 求(大阪公立大学大学院医学研究科 膠原病内科学 教授)
ACL4-LS:11:55-12:55
副作用の発生状況を踏まえたRAに対するMTXの適正使用
ーMTX承認から現在までの副作用の変遷からみた注意点ー 
座長:竹内 勤 (埼玉医科大学 副学長/慶應義塾大学 名誉教授)
演者:鈴木 康夫(東海大学医学部 名誉教授)
共催:ファイザー株式会社
ACL5:13:10-14:10
関節リウマチに対するリハビリテーション医療とその実際
座長:藤井 隆夫(和歌山県立医科大学 リウマチ・膠原病科 教授)
演者:松下 功(金沢医科大学リハビリテーション医学科 教授)
ACL6:14:15-15:15
診療ガイドラインからみる関節リウマチ治療
座長:右田 清志(福島県立医科大学医学部 消化器・リウマチ膠原病内科学講座 教授)
演者:川人 豊(京都府立医科大学大学院医学系研究科 免疫内科学 病院教授)
ACL7:15:20-16:20
ベーチェット病の眼症状と治療
座長:高橋 裕樹(札幌医科大学医学部 免疫・リウマチ内科学 教授)
演者:水木 信久(横浜市立大学大学院医学研究科視覚器病態学 主任教授)
 

 

 

 

共催企業募集について 

更新日:2022年 2月8日

準備中です。

 

【お問い合わせ】
一般社団法人 日本リウマチ学会
TEL 03-6435-9761
E-mail gakkaih@ryumachi-jp.com

上に戻る