医学生・若手医師のみなさま 医学生・若手医師のみなさま

若手先輩医師の紹介

更新日:2021年4月26日
 

タイトル
氏名(所属)
「こんな人はリウマチ科に向いているかも」
澤田 崇幸(国立病院機構 相模原病院 リウマチ科)
「子育てをしながらリウマチ内科医を目指して」
佐藤 由利子(杏林大学医学部付属病院 腎臓リウマチ膠原病内科)
「『何故か』と問いかけ続けるリウマチ医を目指して」
辻本 考平(西宮市立中央病院 内科(リウマチ・膠原病))
「ライフステージに応じたリウマチ診療」
河野 千慧(国立成育医療研究センター 母性内科(リウマチ・膠原病))
「小児リウマチの魅力」
川邊 智宏(東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター 小児リウマチ科)
「共に膠原病・リウマチ内科学を学びませんか」
神谷 麻理(東京医科歯科大学医学部附属病院 膠原病・リウマチ内科)
「リウマチ膠原病患者さんを救うことが出来る喜び」
和田 琢(埼玉医科大学 リウマチ膠原病科)
「医学生・研修医の先生方へ」
志水 隼人(神戸市立医療センター中央市民病院 膠原病・リウマチ内科/総合内科)
「『なぜ整形外科医がリウマチ治療を...』~リウマチ整形外科医を目指して~」
鈴木 望人(名古屋大学医学部附属病院 整形外科)
「膠原病内科は専門性の高い総合内科」
神田 友梨恵(産業医科大学 第1内科学講座)
「卒後7年目、臨床と研究を経験し思うこと」
稲毛 純(慶應義塾大学医学部内科学教室 リウマチ膠原病内科)
「関節リウマチってよくわからんと感じていた医学生、その10年後」
惠谷 悠紀(大阪大学大学院医学系研究科 整形外科)
「奥が深すぎるリウマチ外科」
野口 貴明(国立病院機構 大阪南医療センター 整形外科)
「『リウマチ整形外科医を目指して』 ~包括的な視点から~」
平 薫代(大阪労災病院整形外科・リハビリテーション科)
「大阪の整形外科RAグループの医師として」
高見 賢司(大阪大学大学院医学系研究科 整形外科)
「外科的な治療だけでなく薬物治療にも関わることが出来るところがリウマチ治療の醍醐味」
岡村 元佑(大阪労災病院 整形外科)
「全身を診て一人一人のニーズに合った治療をしたい」
三山 彬(大阪大学大学院医学系研究科 整形外科)
「リウマチ・膠原病診療の難しさ、面白さ」
五島 篤史(大阪大学大学院医学系研究科 整形外科)
上に戻る