会員のみなさま 会員のみなさま

臨床研究推進委員会

委員会紹介

日本リウマチ学会(JCR)では、2018年4月より臨床研究推進小委員会を立ち上げました。この委員会のミッションは、学会員の臨床研究に関する知識と理解の向上、臨床研究を担う人材の育成を通して、日本からより質の高い臨床研究を発信することです。
本委員会は、2019年4月より臨床研究推進委員会と名を変え、JCR総会ならびに各支部会での講演活動や臨床研究トレーニング合宿を通して、若手臨床研究者の育成と良質な臨床研究の推進をサポートしています。
 

委員長挨拶

日本リウマチ学会臨床研究推進委員会委員長 西本憲弘
臨床研究推進委員会は、学会員の臨床研究に関する知識と理解の向上、臨床研究を担う人材の育成を通して、日本からより質の高い臨床研究を発信することを目的としています。
免疫学の基礎的研究は、複雑な免疫システムを分子レベルで明らかにしました。さらに21世紀に入り、ヒトゲノム全構造が解読され、それを利用したリウマチ性疾患の関連遺伝子の検索や病態解析が盛んに行われ、いくつかの免疫疾患では病因遺伝子も同定されています。基礎的研究は、すでに臨床応用へと移り、これまで難治性といわれてきたリウマチ性疾患の治療においても、病態形成にかかわる特定の分子の機能のみを制御する分子標的治療が今や可能になりました。この領域における日本の基礎免疫学の高い貢献度に比べ、残念ながら、日本の臨床研究は遅れていると言わざるをえません。現状では診療ガイドラインの基礎となるエビデンスは、質的にも量的にも勝る海外の臨床研究に強く依存しています。しかし、遺伝的な背景や社会的要因を含めた環境因子の違いを考えれば、日本独自の臨床研究によるエビデンスの構築は不可欠です。良質な臨床研究は、今後ますます重要になることは確実であり、JCRの会員が、国際水準の良質な臨床研究を発信していくためには、学会として積極的に臨床研究の教育に力をいれるとともに、サポート体制をつくるべきと考えています。
本委員会の主な活動は以下の通りです。

1.JCR総会・学術集会におけるシンポジウムやMeet the expertの企画
2.支部学術集会における臨床研究に関する教育講演活動
3.臨床研究トレーニング合宿を通しての、若手臨床研究者の育成
4.研究デザインや統計解析の方法に関するコンサルト事業
5.医療機関と独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)との人事交流の窓口

若手医師、研究者によるサブコミッティJapanese scientists to advance rheumatology-Clinical Research(J-STAR-CR)が、これらの教育事業の立案・実施、研究者のネットワーク作りを直接担います。
言うまでもなく、基礎研究と臨床研究は車の両輪のようなものであり、基礎研究推進委員会と協力しながら、JCRの発展に貢献したいと考えています。当委員会の活動について是非ともご注目ください。

日本リウマチ学会臨床研究推進委員会委員長
西本憲弘

 

臨床研究推進委員会

委員長:西本憲弘(大阪リウマチ・膠原病クリニック 院長)
委員 :亀田秀人(東邦大学医学部 内科学講座膠原病学分野 教授)
    川畑仁人(聖マリアンナ医科大学病院 リウマチ・膠原病・アレルギー内科 教授)
    栗田宜明(福島県立医科大学大学院医学研究科 臨床疫学分野 特任教授)
    野間久史(生物統計家:統計数理研究所データ科学研究系)
    針谷正祥(東京女子医科大学医学部内科学講座膠原病リウマチ内科学分野 教授・基幹分野長)
    村島温子(国立研究開発法人国立成育医療研究センター
         周産期・母性診療センター 主任副センター長)
    矢嶋宣幸(昭和大学 医学部内科学講座リウマチ膠原病内科学部門 准教授)
    山中 寿(医療法人財団順和会 山王メディカルセンター リウマチ・痛風・膠原病センター長)

臨床研究推進委員会サブコミッティ(J-STAR-CR)*Japanese scientists to advance rheumatology-Clinical Research

委員 :大西 輝(京都大学医学部附属病院 リウマチセンター 特定講師)
    木原まり(独立行政法人医薬品医療機器総合機構 新薬審査第四部)
    佐田憲映(高知大学医学部 臨床疫学 特任教授)
    中山田真吾(産業医科大学医学部 第一内科学講座 准教授)
    西脇宏樹(昭和大学藤が丘病院 内科学講座腎臓内科部門 講師)
    宮脇義亜(岡山大学病院 新医療研究開発センター 臨床研究部 助教(特別契約))
    矢嶋宣幸(昭和大学 医学部内科学講座リウマチ膠原病内科学部門 准教授)

上に戻る