Google
ウェブ全体を検索 サイト内を検索

Modern Rheumatologyの初インパクトファクター獲得へ向けて

既にご承知の通り、学会誌Modern Rheumatology (MR)は2006年にMEDLINE/PubMedへの収載を果たし、さらに2009年にはThomson-Reuters社によるインパクトファクター(IF)のデータベースであるScience Citation Index Expanded (SciSearch®) およびJournal Citation Reports/ Science Editionに収載されております。

2010年はMR誌の最初のIF算出に極めて重要な年となります。MR最初のIFは、2008年(18巻)と2009年(19巻)のMR掲載論文が2010年の1年間に他論文に引用された総数により計算され、予想では2011年6月ごろに発表される予定です。

あくまで仮の計算にすぎませんが、IFの計算式に従ってMRの仮のIFを算出すると、MEDLINE/PubMed収録以前には0.1未満に過ぎませんでしたが、2007年の仮IFは0.429、2008年には 0.974、2009年には1.315となり、着実に論文引用回数が増加していることが分かります。

このMR誌のIF獲得にとって記念すべき年となる2010年を迎えるに当たり、JCR会員各位におかれましては、新たな論文執筆の際に努めてMR誌2008-2009年の掲載論文を引用していただけますように、お願い申し上げます。共著者となる場合にも努めてMR論文の引用をご配慮・ご進言ください。  Abstract (English Page) には過去のMR論文を容易にキーワード検索できる検索システム「MR Search」が備わっておりますので、何とぞご活用いただきたく存じます。

引き続き、MRへの発展にご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

MR編集委員会 委員長  三森 経世
同  副委員長  住田 孝之

上に戻る