Google
ウェブ全体を検索 サイト内を検索

Modern Rheumatology インパクトファクター取得へ

学会誌Modern Rheumatology(MR)はインパクトファクター(IF)の取得をThomson-Reuters社に申請しておりましたが、このたび、MRがインパクトファクターのデータベースであるScience Citation Index Expanded (SciSearch®) およびJournal Citation Reports/ Science Editionに収載されることが決定しました。データベースには第18巻1号(2008年2月号)からの収録となりますので、実際には2008年と2009年発行のMR掲載論文が2010年の1年間にどれだけ引用されたかが計算され、2011年中に最初のインパクトファクターが発表される予定です。日本リウマチ学会会員の皆様にこの朗報をお伝えできることはMR編集委員長・副委員長としてこの上ない喜びであり、日頃のMRへのご協力に編集委員会を代表して御礼を申し上げます。

MR誌は2006年のMEDLINE/ PubMed/ Index Medicus への収録に続き、このたびのIF取得確定により、世界に認知されたリウマチ学の国際誌となりました。MRの初回のIFがいくつになるかはもっかの最大の関心事でありますが、このことはMR掲載論文が今後どれだけ多く他の論文によって引用されるかによります。したがって、会員諸氏には今後ますます多くの優れた論文をMRに投稿していただくとともに、新たな論文を執筆する際には、MRに限らずすべてのMEDLINE掲載のpeer-reviewed journalへの投稿を含みますが、MRの掲載論文をできる限り多く引用文献として引用していただくことをお願いいたします。

MRはIF取得を契機にさらなる発展と国際化を目指します。日本リウマチ学会会員の皆様には、今後一層のご協力をお願い申し上げます。

MR編集委員会 委員長  三森 経世
   同   副委員長  住田 孝之

上に戻る