一般のみなさま 一般のみなさま

抗核抗体(ANA)

抗核抗体とは

抗核抗体(antinuclear antibody: ANA)とは、真核細胞の核に結合する抗体群の総称です。検査法には関節蛍光抗体法(indirect fluorescent antibody method; IFA)、酵素結合免疫吸着測定法(enzyme-linked immunosorbent assay; ELISA)、蛍光酵素免疫測定法(fluoroenzyme immunoassay; FEIA)の3種類の方法があり、多くの場合にはIFA法による測定が行われます。

検査法ごとの特性

IFAでは染色パターンからある程度の対応抗体を推測できます。例えばdiscrete speckledの場合には抗セントロメア抗体とほぼ判定できます(表)。
ELISAでは膠原病に特異的な9種類の抗原(RNP、Sm、SS-A、SS-B、CENP-B、Scl-70、Jo-1、dsDNA、ssDNA、リボゾーマルP)に反応する抗体を検出します。FEIAではELISAの9種に4種の抗原(PM-Scl、PCNA、Mi-2、フィブリラリン)を加え、かつssDNAを除いた12種類の抗原に反応する抗体を検出します。

表.IFAにおける抗核抗体の種類と関連疾患

染色パターン 主な自己抗体 関連疾患
Homogeneous (均質型) 
またはdiffuse (びまん性型)
抗ヒストン抗体(LE因子)
抗DNA抗体
薬剤誘発性ループス
SLE
Nucleolar (核小体型) 抗リボソーム抗体
抗RNAポリメラーゼ抗体
SLE
強皮症
Peripheral (辺縁型)
またはshaggy(シャギー型)
抗DNA抗体 SLE
Speckled(斑紋型) 抗Sm抗体
抗U1RNP抗体
抗SSA抗体
抗SSB抗体
抗Scl-70抗体
SLE
MCTD
シェーグレン症候群
強皮症
Discrete speckled(散在斑紋型) 抗セントロメア抗体 CREST症候群
原発性胆汁性胆管炎

検査時の注意点

抗核抗体は特異度の低い検査であり、健常人でも陽性となることがあります。特にIFA法における均質型、斑紋型の抗核抗体は特性が低く、抗核抗体陽性のみで膠原病と診断することはできません。

専門医への相談のポイント

抗核抗体陽性であっても患者が無症状の場合には、必ずしも専門医へ相談する必要はありません。

東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 中央検査部 臨床検査医学講座
越智小枝先生

上に戻る