Google
ウェブ全体を検索 サイト内を検索

中央教育研修会

共催企業募集についてはこちら
 

JCR2020アニュアルコースレクチャー

更新日:2020年1月7日
開催日
2020年 4月26日(日)

時 間
8:30~16:20 (予定)

会 場
グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
東京都港区高輪東京都港区高輪3-13-1

受講料
5,000円

参加登録
事前参加登録はこちらです。
※ 事前参加登録は2020年2月4日正午~3月30日(月)17:00です。
※ 当日参加も受付ます。
※ 非会員の方も申し込み可能です。

研修単位
1.日本リウマチ学会専門医 7単位

※ アニュアルコースレクチャーの単位取得証明(7単位)の捺印は、4月26日(日)の日本リウマチ学会受付で行います。
※ アニュアルコースレクチャーのみの参加は「学術集会出席単位(10単位)」にはなりません。

2.医療安全・医療事故・医療法制・医療倫理・感染症対策に関する講演出席 1単位

※ 本単位の対象講演はACL6です。
※ 本単位の受付は、ACL7の終了後に、日本リウマチ学会受付で行います。
(やむを得ない事情によりACL6終了後に希望される場合は、ACL6終了後、日本リウマチ学会受付にお申し出ください。)
≪ 単位取得対象者 ≫
  • 2010年5月1日以降の入会者で、今後専門医資格受験を申請される方
  • 専門医資格更新者(ただし、下記を除く)
なお、次の方は医療安全等の出席単位は不要です。
  • 2010年4月末日までの入会者で、今後専門医資格受験を申請される方
  • 2014年までに専門医資格を更新せずに延長した方

お問い合わせ
日本リウマチ学会 事務局
TEL: 03-6435-9761/FAX: 03-6435-9762
Eメール: gakkaih@ryumachi-jp.com

プログラム
◇ACL1 (8:30~9:30)
「リウマチ性疾患の基礎研究の最前線~未来のリウマチ治療に向けて」
座長:三宅 幸子(順天堂大学大学院医学研究科 免疫学講座 教授)
演者:石井 優(大阪大学大学院医学系研究科 免疫細胞生物学 教授)

◇ACL2 (9:35~10:35)
「関節リウマチの診断と治療と目標」
座長:高橋 裕樹(札幌医科大学医学部 免疫・リウマチ内科学 教授)
演者:押領司 健介(松山赤十字病院 リウマチ膠原病センター 部長)

◇ACL3 (10:40~11:40)
「リウマチ性疾患と妊娠 -Up date-」
座長:桃原 茂樹(医療法人社団 博恵会 理事/
慶應義塾大学 先進運動器疾患治療学 特任教授)
演者:村島 温子(国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター
主任副センター長/妊娠と薬情報センター センター長)

◇ACL4-LS (11:55~12:55)
「RA 患者の高齢化を考慮したMTX の適性使用
—最近の副作用の発生状況を踏まえてー」
座長:竹内 勤(慶應義塾大学医学部 内科学講座リウマチ内科 教授)
演者:鈴木 康夫(東海大学医学部 内科学系リウマチ内科学 特任教授)
共催:ファイザー株式会社
※本ランチョンセミナーの参加登録はございません。
  参加者の皆様にお弁当をご用意いたします。

◇ACL5 (13:10~14:10)
「脊椎関節炎の診断と治療」
座長:塩沢 俊一(株式会社膠原病研究所 研究所長/
松原メイフラワー病院 内科 特別顧問)
演者:冨田 哲也(大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学講座 准教授)

◇ACL6 (14:15~15:15)
「全ての医療従事者が押さえておきたい、感染症診療、感染制御のキホン」
座長:中島 康晴(九州大学医学部 整形外科 教授)
演者:鈴木 克典(産業医科大学病院 感染制御部 副部長/講師)
※ 医療安全等単位の対象講演

◇ACL7 (15:20~16:20)
「小児リウマチ性疾患における移行期医療の取り組みと実際」
座長:中島 裕史(千葉大学医学部附属病院 アレルギー・膠原病内科 教授)
演者:森 雅亮(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 生涯免疫難病学講座 教授)

 

共催企業募集について

更新日:2019年 5月16日

2020年度の募集は締め切りました。

一般社団法人 日本リウマチ学会
TEL 03-6435-9761
E-mail gakkaih@ryumachi-jp.com

上に戻る